5.内装編 〜内装着手から完成まで〜

集めたゴミの量が8畳間とは思えない。ゆとりの間を一掃!

ゴミ袋15袋分!ゆとりの間を一掃!

冬場は雪が積もり粗大ゴミの回収が無いので、12月迄にだいたいの粗大ゴミを片付けておく必要がある古民家。冬場は中にこもり内装作業に専念するため、現在は時間を見つけながら片付けを施す日々です。今回も一部屋、慣れた手順で一掃です!

今回の作業場所!

今回はこの1階、洋室の右隣の和室。板廊下を合わせて約8畳程の部屋です。ゆとり間という定義はないんですが、僕らはそう呼んでます。。。

キッチンから連なる和室2室までは、ある程度整理がつき、数人の友人の来訪の時は中で食事や2階に泊まる事も可能な程度になりました!

慣れた手順でゴミの仕分けと収納の運搬

整理し続けているお陰で、既にゴミの分別、作業手順はお手の物。みるみる内にゴミ袋が増えて、部屋が空っぽになっていきます。

ゆとり間のBefore→After

とにかく多いのは収納棚やタンス。作り付けの家具から、後から付け足したであろう収納タンスも。寸法を見誤ったのでしょうか?柱を切り欠いて無理矢理はめ込んだものもありました。タンスの中に敷かれていたのは、僕らが生まれるよりずっと前の50年近く昔の新聞紙も・・・。

作業後はゴミ袋の山!

今回は8畳の部屋にも関わらず、燃えるゴミ、燃えないゴミ含めて15袋!現在昭和村で一番ゴミ出ししている自信があります。少しずつゴミの日に出して行きたいと思います。ぱっと見簡単そうに見えても、一部屋でこの量ですから、この古民家全体のことを考えるとその苦労がお分かり頂けるかと。。。

今後は、建物の傾きを直す工事が入る前に、その周囲の部屋を整理していく必要があります。現在着工連絡待ちの状況です。来週以降は、庭にDIY計画している楽しみな外仕事も始まりますよ!

masaki umino

masaki umino

投稿者の記事一覧

茨城県水戸市出身。茨城県立水戸第一高等学校、東洋大学卒業。
その後、専門店、メーカーでBtoC、BtoBの営業経験を経て、株式会社SATORUへ。

関連記事

  1. 雪国の強い味方!消雪パイプの仕組みとは?
  2. 古民家再生施設『SHARE BASE 昭和村』村内オープンハウス…
  3. 古民家再生最大の難所!土台の改修工事#4〜新しい土台の設置〜
  4. 費用を抑えて簡単に!庭にウッドデッキをDIY!#3〜床板の取り付…
  5. 古民家の洗面所をリフォーム!〜③新しい洗面化粧台を置く前に!洗面…
  6. 古民家再生の掃除は体力勝負!不要品の大処分!#1
  7. 「住宅宿泊事業法(民泊新法)」の届け出に欠かせない!消防法令適合…
  8. 古民家再生〜庭・外構リフォーム編 2017年9月に開始予定!

PICKUP

LIFESTYLE

PAGE TOP