5.内装編 〜内装着手から完成まで〜

『結論』クッションフロアはボンドと両面テープのどっちが貼りやすいのか?

DIYでクッションフロアを貼る方法は結局どっちがいいか?両方試してみた結果は?

古民家再生する中で、基本的に両面テープでクッションフロアを貼ってきたわけですが、いまいち貼りが納得いかない箇所はボンドでも試してみました!結局はどっちがうまく貼れるのか?それぞれのメリットをまとめてみたいと思います。

1.両面テープで貼る場合のメリット

クッションフロアを両面テープで貼る
●両面テープのメリット
①作業時間が短い
②一人でも貼りやすい
③貼ってからすぐに固定される

両面テープの場合、縦、もしくは横にある程度の感覚をあけて直線的に貼ればいいだけなので、作業時間がボンドに比べると早く貼る事ができます!広い範囲を1人でもこなせる作業量で済みますし、貼ってからも両面テープはすぐにクッションフロアと密着してくれるので、準備から完成までが楽になります。ボンドとは違って感覚をあけて貼るので、足場も確保しやすいです。

デメリットはメリットのその逆で、一度貼ってしまうと剥がしにくい所。広い範囲を1人で確認しながら貼ると失敗しがちですが、一度両面テープと密着してしまうと、剥がした時に両面テープにクッションフロアの下地が持っていかれてしまいます。そうすると貼り直したときにクッションフロアがよれやすくなるので、作業時間が短くなる分貼る時の集中力を要するということですね。

2.ボンドで貼る時のメリット

クッションフロアをボンドで貼る
●ボンドのメリット
①貼ってからすぐならやり直しがきく
②全体的に床と密着するので空気が入りにくい
③貼る面に若干勾配などがあっても綺麗に貼れる

ボンドで貼る場合は、ボンドが乾き切るまでは調整がきくという所が最大のメリットになるかと思います。両面テープがテープを貼った箇所のみ密着するのに対して、ボンドは広い範囲で床下地とクッションフロアが接着されます。そのため空気が入りにくく、下地に若干の勾配があっても綺麗に貼れるというのがメリットになります。

デメリットは作業時間が両面テープよりもかかるというところ。くしゴテでボンドを満遍なく塗り広げていく労力、ボンドを塗った所の上は歩けないので計画的に塗る必要があるというところですね。ほとんどのクッションフロア用のボンドは、「オープンタイム」といってボンドを塗り広げてから10分程放置してから貼る(ボンドによって時間はまちまち)必要もあります。

3.結論:両面テープとボンド、どっちがいい?

両者ともさまざまなメリット、デメリットがありますが、まとめてみると
「広い範囲はボンドがオススメ。狭い範囲は両面テープがオススメ。」
これに尽きるのではないでしょうか?
クッションフロアをDIYで貼るトイレのような狭い場所にクッションフロアを貼る様子
広くなれば広くなる程周辺との調整が難しくなるので、貼り直しがしにくい両面テープはそれだけ正確さが必要になります。逆に狭くなれば狭くなる程、ボンドを塗った所の上は歩けなくなるので、作業範囲が狭まってストレスやミスに繋がりやすくなります。
クッションフロアをDIYで貼る
貼る下地の条件で言えば、
「勾配があったりと床下地の状態が悪い所や重ね張りする箇所にはボンドがオススメ。状態の良い下地の箇所には両面テープがオススメ。」
といった所でしょうか?写真ではさらに密着性を高めるために両面テープとボンドの両方で攻めていますが。やっぱりクッションフロアを貼る上で1番気になるのは空気が入り込んでしまう所なので、床の下地の状態があまり良くない所では、両面テープのみでは密着していない箇所に空気が残りやすいです。物にもよりますが、費用的にはボンドの方が安上がりなのではないかと思います。

両方を試してみましたが、どちらがで貼るのが良いか、これは床の下地や部屋の条件によって適した方を選ぶのがオススメ!この古民家では、場所によってボンド&両面テープを使い分けて作業をしています。

5.ご支援、仲間を募集中!

share baseプロジェクト
SHARE BASEは、築150年以上の古民家を再生し、皆が自由に楽しめる秘密基地を提供することから始まるプロジェクトです。

SHARE BASEでは、開放に向けてのご支援、仲間を募集中です。改修はまだまだ進行中、メッセージなどもお気軽に頂ければと思います。会員費は現在改修の予算に充てさせて頂いております。先行会員の方にはプレゼントもご用意しておりますので、引き続き宜しくお願い致します!
▶What's SHARE BASE PROJECT

masaki umino

masaki umino

投稿者の記事一覧

茨城県水戸市出身。茨城県立水戸第一高等学校、東洋大学卒業。
その後、専門店、メーカーでBtoB、BtoCの営業経験を経て、株式会社SATORUへ。

関連記事

  1. 昭和村に訪れたら絶品カフェご飯「まつや」へ!
  2. 古民家再生最大の難所!土台の改修工事#1〜現状と土台入れ替えの準…
  3. 古民家改修の外装に着手!雪囲いの外し作業の開始#2
  4. 村の景色を美しく。野尻地区の花植えのイベントに参加!
  5. 古民家再生スタート!〜外装リフォーム編〜 2017年6月に更新予…
  6. トイレを和式から洋式へリフォーム!②〜トイレの壁紙の張り替えをD…
  7. 内装【大広間】の畳・板の間をDIY改装!〜畳下の床冷え対策を断熱…
  8. 古民家再生DIY!キッチンスペースのDIYリフォームへの道〜既存…

PICKUP

LIFESTYLE

PAGE TOP