0.番外編 福島県昭和村のあれこれ

濃密な5時間!福島県昭和村 第35回からむし織の里雪まつりに行って来た!

寒い冬でもパワフルな雪まつり!昭和村で第35回からむし織の里雪まつり開催!

よく晴れた2018年2月25日(日)、福島県昭和村では第35回となる「からむし織の里雪まつり」が開催されました!例年よりも多い雪が降った昭和村、この日は天候にも恵まれ、多くの人々で賑わっていました!

1.からむし織の里雪まつりとは?

第35回となる「からむし織の里雪まつり」は、福島県昭和村の道の駅「からむし織の里」で開催されます。今では滅多に見ることのできなくなった「からむし織雪ざらし」という伝統技術を見ることができ、豪雪地帯ならではの雪を使ったステージや巨大なスライダー、そして村の味覚を味わうことのできる雪国の祭りです。

もちろん目玉は伝統技術を間近に見れるというからむし織雪ざらしですが、人口1300人程の小さな村に、寒い冬をものともせず多くの人々で賑わうその雪まつりの様子をお伝えしたいと思います。

2.雪まつりの会場の様子

からむし織の里雪まつり
からむし織の里雪まつり
雪まつりの開催前には、高い雪で覆われていた道の駅もぱっと開けていて、ところ狭しとお店が立ち並びます。工芸品の数々も、雪で真っ白になった会場に華を添えています。
からむし織の里雪まつり
からむし織の里雪まつり
雪国に住んでいるからといって決して寒くないわけではないはずですが、明るく村内外の人々を迎える姿に心を打たれます。驚いたことに、会場の中では休憩スペースのようなテーブルと椅子が用意されているにも関わらず、そこに座っている人は少なく、こぞって買い物に並んだり、立ち話で花を咲かせている人が多いこと。この日の「からむし織の里雪まつり」は、1日のみの開催、そして10時から15時という短い時間。それに対してこの催し物の数々は、訪れる人を飽きさせずいろいろなところに足を向けることになるようです。

そして今年初めてのお目見え、昭和村産の日本酒に出会うことができました。

3.昭和村産の日本酒「Kinza」

昭和村 kinza
昭和村 kinza
昭和村の「旧喰丸小学校」を再生させるクラウドファンディングのリターンとして発表された、昭和村で生産されたお米を使った日本酒「Kinza」が並んでいました。限定数量での生産となったKinzaを味見させていただく機会もありました。イラストのデザインも、村の風景を思い起こさせるような優しいデザインで印象深い。ぜひご賞味いただきたいと思います。

4.苧麻庵でゆったりと昼食

苧麻庵
苧麻庵
昼食は、道の駅の中に隣接する苧麻案でお蕎麦をいただきます。12月から3月までの営業はお問い合わせとなっていてここ最近は行こうと思っても空いていないときもありましたが、ここぞとばかりに寄ってきました。広い座敷の店内は、落ち着いた雰囲気でのんびりと食事を楽しむことができます。

この後、お腹いっぱいになった体には少しムチを打つような遊びに行ってきます。。。

5.スノーモービルで雪原を爆走!

スノーモービルスノーモービル個人的には1番楽しみにしていたスノーモービル体験!広い雪原をとんでもない速さで爆走します。スキー場などで見かけていた時にはあまりスリルを感じるような乗り物には見えませんでしたが、乗って見ると大違い。パァーンという乾いたエンジン音をあげて雪上を滑走します!そして思っていた以上に車体を傾けることもできるらしく、初めて乗った自分は雪に放り出されないように必死にしがみつく状態となります。これはおもしろい。雪国の遊びはスノーモービルで決まりです。いつか欲しい。でもその前に除雪機の購入が先ですね。。。

6.パワフルな雪上綱引き!

雪上綱引きそして会場の誰もが注目した雪上綱引き!足場の滑るこの雪の地面で綱引きをしようとは・・・とは言ってもお互い条件は一緒ですからなかなか燃えます。綱引きだけじゃなく、普段は土の上でやるスポーツも雪という条件だけでおもしろくなる、そんなことを感じるイベントでした。

7.濃密な時間を過ごせる「からむし織の里雪まつり」

からむし織の里雪まつりまだまだご紹介したいところがたくさんあるほど濃密な内容となっていたからむし織の里雪まつり。夏のからむし織の里フェア、秋の秋味まつり、そして冬の雪まつり、季節を通した昭和村のまつりに行ってきましたが、冬の雪まつりは特に濃密。

雪に覆われて家にこもりがちだった昭和村の冬も、この雪まつりを皮切りに春の訪れが楽しみになっていきます。

masaki umino

masaki umino

投稿者の記事一覧

茨城県水戸市出身。茨城県立水戸第一高等学校、東洋大学卒業。
その後、専門店、メーカーでBtoC、BtoBの営業経験を経て、株式会社SATORUへ。

関連記事

  1. 今年のもみじ狩りは福島県昭和村へ!『秋の味覚と紅葉キャンペーン』…
  2. 雪国の強い味方!消雪パイプの仕組みとは?
  3. ゲストハウスらしくなってきた?古民家2階の現状
  4. 昭和村への移住生活スタート!大量の家財と共に引っ越し開始
  5. 昭和村から峠を越えて・・・。会津田島へ買い出しへ!
  6. 日本一の産地で学ぶかすみ草栽培!新規就農希望者を応援する『かすみ…
  7. 古民家再生最大の難所!土台の改修工事#2〜古民家を浮かせて土台の…
  8. 秋の味覚、栗拾いの時期はいつ頃?昭和村に秋の風が到来!

PICKUP

LIFESTYLE

PAGE TOP