0.番外編 福島県昭和村のあれこれ

原産地は福島県昭和村!栄養満点のはちみつ採取の工程に密着!

貴重で栄養満点!昭和村野尻原産のはちみつ採取に密着しました!

豊富な栄養で美容面でも注目されているはちみつ。今回は僕らの畑の師匠でもあり、昭和村野尻地区でニホンミツバチを飼育、採取、販売まで手掛ける農家の山内さんに、はちみつ採取に密着させて頂きました!

きっかけは1本の電話から

「今からはちみつ取るから見にこ〜」という1本の電話がきっかけで今回の密着へ。家から徒歩2分程ではちみつ採取を体験、見学できるのも田舎暮らしの特権!初めての養蜂現場、とりあえず長袖を着てこいとのことでしたので、着替えて現場へ向かいました!

養蜂現場へ到着

そうは言っても「ハチは人を刺す危険な虫」という認識があったので、好奇心と恐怖心の半々で現場へ到着。既に山内さん含めて2人が待っていてくれました。用意して頂いたのは防護ネット付きの帽子。着いて早々「刺されても5.6カ所くらいだー」と冗談でおどかされ、不安な僕の顔をよそに楽しそうに笑う2人。。。

巣箱を叩いてミツバチを巣箱の下段へ


怖がっている間もなくはちみつ採取開始です。まずは巣箱のフタを叩いてミツバチを巣箱の下へ逃がして行きます。この叩き方1つでも、ミツバチが怒って刺してくるか刺してこないかが決まるという大事な場面!みるみるニホンミツバチの大群が巣箱の外へ出て行きます。

巣を紐で切って巣箱を取り出す



ある程度ミツバチが巣箱の下段へ移った所で、上段の巣箱に紐を入れて巣を切り取ります。巣箱を取り出してみると、はちみつたっぷりの巣が姿を現しました。これがニホンミツバチの巣の断面です。巣箱一杯に広がった蜂の巣、この状態でもはちみつがたっぷりと巣に詰まっている様子がわかりますね。

蜜蓋を切り取って網で漉し出す


この状態から巣を少しずつ切り出して、蜜蓋を切り取って網で漉(こ)していきます。ケーキナイフを使い慣れた手つきで、手早く蜜蓋を薄く切り出します。通常、巣から蜜がこぼれないように下に向かって巣穴が形成されていますが、流れ出やすいように逆さにして置くそうです。まだハチが周囲に飛び交いますが、この頃には次第にハチにも慣れて来ました。

栄養そのまま!採れたてのはちみつを試食!


年に一度しか採れないニホンミツバチの貴重な採れたてはちみつ!無事1度も刺されずに済み、お楽しみの試食をさせて頂きました!はちみつの詰まった巣ごと口に放り込み、採れたてのはちみつの香りと甘さを堪能します。巣の枠は残るので、ガムのように捨てるようです。採れたては温かくてトロトロ!栄養もそのまま!何とも言えない贅沢ですよ♪

ニホンミツバチの特徴

ニホンミツバチは、その習性上100種類近い種類の花から蜜を集めて来ます。百花蜜と呼ばれ、栄養価が豊富でコクと深みがあるのが特徴です。ニホンミツバチが採集してくる密量は、1匹あたりティースプーン1杯ほど。年に一度しか採取できない貴重さも特徴です。
一般的にスーパーなどで普及品とされている西洋ミツバチのはちみつは、1年に何度でも採蜜できるため、ニホンミツバチのはちみつに比べ安価に販売されています。性格もニホンミツバチの方が穏やかだそうですよ。

道の駅「からむし織の里」で販売予定!

これらの採取の工程から、糖度の検査などの手順を経て店頭に並びます。山内さんが手塩にかけて飼育したニホンミツバチの天然のはちみつは、福島県昭和村の道の駅「からむし織の里」で販売予定です。販売が開始されましたら、店頭に並ぶ様子もお知らせしたいと思います。年に一度しか採れない貴重で栄養価の豊富な純粋なはちみつ、是非1度お試しください♪

masaki umino

masaki umino

投稿者の記事一覧

茨城県水戸市出身。茨城県立水戸第一高等学校、東洋大学卒業。
その後、専門店、メーカーでBtoB、BtoCの営業経験を経て、株式会社SATORUへ。

関連記事

  1. いよいよ冬本番!福島県昭和村に舞い降りた雪
  2. 限界集落が抱える課題と対策は?昭和村の協議体への参加
  3. 集落対抗!昭和村村民運動会へ行って来ました!
  4. 古民家掃除 ついに!古民家(母屋)改装を開始!まずは玄関を綺麗にお掃除!
  5. 古民家のキッチン、洗面所の再生開始!設備機器の再利用の価値は?
  6. 引っ越し後のガス設置の依頼と点検
  7. 水漏れ解消!古民家の男性用小便器の交換
  8. 秋のドライブに最適!福島県舟鼻峠の紅葉は今がピーク?

PICKUP

LIFESTYLE

PAGE TOP