5.内装編 〜内装着手から完成まで〜

古民家【大広間】の床の貼り替えに挑戦!#1〜フローリングの解体①〜

床を貼り替えて一新させよう!壊すのも楽じゃない・・・大広間の傷んだ床の貼り替え開始!

天井・柱・壁ときたら最後は床の貼り替え作業!DIYにもいろいろありますが、剥がす、切る、貼る、塗る、いろいろな作業が盛り込まれるのが床の貼り替え作業。まずは傷んだ板の間の床を豪快に剥がしていきます!

1.大広間の板の間の現状

今回は、先日柱や天井を塗り、広い範囲の壁を漆喰で仕上げた大広間にある板の間です。古民家のフローリング
漆喰の1度塗り
ぱっと見た感じは普通のフローリングですが、近くで見てみると老朽化が激しく、乗るとベキッと折れて今にも床が抜けそうな状態の場所もあります。柱や天井の色とも馴染まなくなったので、ここの床材を剥がし、新しい床を貼るのが今回のミッションです!

壊すだけならありもので大丈夫か・・・と用意したのはこちら!

2.床を剥がすのに使う道具

バール
これまでのDIYでは日の目を見なかったこのアイテム『バール』です。バールの主な用途は「釘抜き」ですが、使い方でこじ開ける、打撃、引っぱりなどの様々な用途に使えるのがこいつですね。

3.バールを使った床板の剥がし方

バール
とは言っても、バールってほとんどの日常生活では使わないですよね。床を剥がす時にどういう風に使うのか?とりあえずはテコの原理で剥がれた床をぐいっと持ち上げてみますが、いまいち手応えがありません。バールで床を剥がす
バールで床を剥がす
いろいろとやってみましたが、1番やりやすいのはこの方法です。
①バールの平たい柄の部分をフローリングと根太の間に合わせ、バールの頭をカナヅチで叩いて滑り込ませる
②バールを持ち上げで床をこじ開けるようにして上げる
③ある程度剥がれたら手でフローリングを引きはがす!
我々はこんな方法で地道に床を剥がしていきました。コツをつかめば解体は早い!ボンドなどで強く接着されていたりもするので、物怖じせずにバールをカナヅチで叩き続けます!バールで床を解体
バールで床を解体
みるみる剥がしていきましたが、床の下は土の地面が広がっています。やはり今の住宅とは違って風通しも良くて、基礎が大きな石でできていたりと床下には古民家の秘密がたくさん隠れていますね。意外とコンクリートブロックが置かれている所もあって驚きです。

4.とりあえず半分終了!

古民家の床の解体作業こちらもなかなかの体力勝負ですが、ひとまず半分終了した状態です。予想以上に根太や大引も朽ちておらず良い状態になっていました。意外と新しい材料も使われていて、そう遠くない前に改修された形跡もあります。大広間に用意したブルーシートに積み上げられた床の廃材。どれだけ積上がっていくのでしょうか。。。床の解体はまだ続きます!
▶古民家【大広間】の床の貼り替えに挑戦!#2〜フローリングの解体②〜

5.ご支援、仲間を募集中!

SHARE BASEは、築150年以上の古民家を再生し、皆が自由に楽しめる秘密基地を提供することから始まるプロジェクトです。

SHARE BASEでは、開放に向けてのご支援、仲間を募集中です。改修はまだまだ進行中、メッセージなどもお気軽に頂ければと思います。会員費は現在改修の予算に充てさせて頂いております。先行会員の方にはプレゼントもご用意しておりますので、引き続き宜しくお願い致します!
▶What's SHARE BASE PROJECT

masaki umino

masaki umino

投稿者の記事一覧

茨城県水戸市出身。茨城県立水戸第一高等学校、東洋大学卒業。
その後、専門店、メーカーでBtoC、BtoBの営業経験を経て、株式会社SATORUへ。

関連記事

  1. 実りの秋、昭和村の新米の季節がやって来ました!
  2. 進む冬支度!古民家に雪囲いを設置
  3. 古民家再生DIY!キッチンスペースのDIYリフォームへの道〜既存…
  4. まるで大人の隠れ家?古民家の2階をDIYでくつろぎの空間に#2〜…
  5. 古民家の外壁塗装への道!#1〜ケルヒャーK3で木部外壁を洗浄〜
  6. 費用を抑えて簡単に!庭にウッドデッキをDIY!#1〜基礎の配置〜…
  7. 古民家の外壁塗装への道!#5〜外壁塗装のBefore→After…
  8. 初公開!!古民家(母屋)の間取りと経年劣化からくる大きな障害

PICKUP

LIFESTYLE

PAGE TOP