5.内装編 〜内装着手から完成まで〜

内装【大広間】の畳・板の間をDIY改装!〜畳下の床冷え対策を断熱シートで〜

冬には辛い足下の冷え!12畳の広い畳の下に断熱シートを設置していきます!

柱・壁・天井のDIYを終え、次は畳の冷え対策、床の貼り替えに入ります!大広間は居間よりも一段高くなっていて、居間同様畳の下は板1枚、その下には地面という作りで冬期は冷えがすごいんです。少しでも室内の熱を逃がさないために、断熱シートを広げていきます。

1.畳を剥がす

古民家の大広間
さて、大広間は前回柱・壁・天井の塗装を終え、ひとまず綺麗な状態に仕上がっています。漆喰塗りで若干畳にたらしてしまった漆喰も、早い段階で湿らせた布やヘラで取り除いています。部屋の上から下に向かって改修を進めていますが、今度は気になっていた畳や板の間に入りっていきます。
古民家の畳剥がし
居間での作業で要領はつかんでいるので作業は早い!畳は向き、方向があるので、その通りに剥がしてわかるように板の間にどかしておきます。大体は畳の裏に印がついているので、目印にしておくと良いかと思います!

以前この畳の下から囲炉裏の痕跡を発見していたのですが、ひとまず冬を越した後は使わないので、囲炉裏の復活は少し後になってから徐々に・・・ということで今回は断熱シートの下に眠らせておきます。

2.ヒートバリアシートⅡをカット

畳を剥がした後
畳を剥がした後
畳を剥がした後は、木屑やホコリなどを取り除いておきます。家の外周に比べて、畳の下の板や、支える根太などは予想以上に状態が良くて驚きです。綺麗にした後は、居間でも行ったヒートバリアシートⅡを張り巡らすためにカットしていきます!

▶ヒートバリアシートⅡの特徴に関してはこちらの記事でご紹介しています!

3.ヒートバリアシートⅡを設置!

断熱シートを畳の下に敷く
要領はわかっているのでみるみる内に進んで行きます。少し端を重ねるようにして断熱シートを敷き、タッカーで留めていきます。タッカーはホームセンターで購入した物ですが、使う場面数の割には意外に値段がするもんなんですね・・・。

4.畳を戻して完了!

断熱シートを畳の下に敷く
畳を印の通りに戻して完了です!意外と畳って重くて、12枚の畳を剥がして戻す、という作業も案外骨の折れるもんだなと実感。恐らく1人でやっていたら心が折れているのではないでしょうか。

あっという間に畳の下のシート設置は完了、次はいよいよ奥に見える板の間のフローリングの改装に入ります!初めてのフローリング貼り、果たしてうまくいくのでしょうか?!

5.ご支援、仲間を募集中!

SHARE BASEは、築150年以上の古民家を再生し、皆が自由に楽しめる秘密基地を提供することから始まるプロジェクトです。

SHARE BASEでは、開放に向けてのご支援、仲間を募集中です。改修はまだまだ進行中、メッセージなどもお気軽に頂ければと思います。会員費は現在改修の予算に充てさせて頂いております。先行会員の方にはプレゼントもご用意しておりますので、引き続き宜しくお願い致します!
▶What's SHARE BASE PROJECT

masaki umino

masaki umino

投稿者の記事一覧

茨城県水戸市出身。茨城県立水戸第一高等学校、東洋大学卒業。
その後、専門店、メーカーでBtoB、BtoCの営業経験を経て、株式会社SATORUへ。

関連記事

  1. 古民家の傷んだ廊下をDIY再生②〜廊下の再生Before→Aft…
  2. ついにTV回線の開通!我が家に地デジがやって来ました。
  3. 意外な発見あり!古民家のトイレの現状を初公開
  4. 古民家再生DIY!内装【居間】の漆喰塗りの仕上がりBefore→…
  5. 古民家キッチンの片付け開始!予想以上の大苦戦はゴミの分別
  6. 古民家再生に向けて、閉ざされた蔵の開放!
  7. 古民家再生DIY!キッチンスペースのDIYリフォームへの道〜天井…
  8. 古民家再生の掃除は体力勝負!不要品の大処分!#1

PICKUP

  1. 昭和温泉しらかば荘

LIFESTYLE

PAGE TOP