3.外装編 〜外装着手から完成まで〜

初公開!!古民家(母屋)の間取りと経年劣化からくる大きな障害

初公開となる古民家(母屋)の間取りをご紹介させていただきます。

1階部分の間取り

2階部分の間取り

経年劣化による大きな障害

水道管の破損
移住してはや3ヶ月が経過し、約20年間人が住んでいない母屋は経年劣化が多くあり、改装・改修の大きな足かせとなっております。特にその中でもひどいのが水道管の破損です。原因は豪雪地帯のなか、水道管が地面に埋めておらず地上に組まれていることで、長年の雪に圧迫されて折れてしまったことにあります。水道管の破損のため家屋に水が通らず、トイレや水をつかった掃除ができずに苦戦しております。水道管の破損の修理は、水道管周りのコンクリートを壊し地面を掘り返し、水道管をみつけること。その後、各水回りにつながるように新たに配管を組んで地面の中にうめていくこと、作業手順は把握しております。

家の傾き



続いて、経年劣化として多くの家屋を悩ます、家の傾きです。計測すると、傾きは1度〜3度程度。ただし立っていても傾きを感じてしまうほどで、一部の扉は傾きによって閉まらなくなっております。原因は、家屋をコンクリートで囲んだことで、通気性の悪化からくる木材の腐敗です。修理には、ジャキアップという手法で家全体を少しずつ持ち上げて腐敗した木材を新たに入れ替える必要があるとのこと、この修理はどうしても大きな機材が必要になりますので、専門家の力を借りなければいけない部分になりそうです。その他細かなところは床の劣化などもちらほらあると言う感じです。

改修の今後

ということで、今後は経年劣化からくる障害に立ち向かっていかなければなりません。現在、お財布と相談しながら、自分たちで修理する部分(できる部分)、業者さんに依頼する必要がある部分。またその見積もりやその順番など詳細を確認している状況です。

その後、外装・内装というフェーズに入りますので今後、乞うご期待ください。

koji hashimoto

koji hashimoto

投稿者の記事一覧

福島県会津出身。福島県立葵高等学校、東洋大学を卒業。
某広告会社に企画営業として入社し、その後WEBマーケティング事業部にて執行役員を務める。その後株式会社SATORUを設立。

関連記事

  1. すべての始まりはここから。SHARE BASE 昭和村 PROJ…
  2. 都内から田舎へ移住!田舎暮らしを始めた感想は・・・
  3. 古民家再生に向けて、閉ざされた蔵の開放!
  4. 懐かしのお茶飲み場を再生!古民家の居間の掃除
  5. SHARE BASEホームページ公開に向けて完成間近!WEBサイ…
  6. 古民家再生スタート!〜外装リフォーム編〜 2017年6月に更新予…
  7. 古民家再生の家には必須!?SHARE BASE 昭和村で憧れの囲…
  8. 古民家再生〜SHARE BASE 昭和村 OPEN編〜 2018…

PICKUP

LIFESTYLE

PAGE TOP