5.内装編 〜内装着手から完成まで〜

古民家に唯一の洋室!?リフォームされた洋風寝室の清掃

物は少なくても重量物との戦い!唯一の洋室の清掃と客間としての構想へ

昨年に引き続き、古民家再生最初に着手したのは唯一の洋室!従来は寝室としてベッドが置かれていたこの部屋。計画では宿泊用にと考えている部屋に踏み込んでいきたいと思います。

1.洋室の場所

洋室は、古民家裏手側にあります。およそ8畳程の部屋となっていて、窓からは裏庭が臨めるようになっています。ここだけではありませんが、古民家内部にはリフォームを施した形跡がいくつか見られます。

2.洋室の現状

洋室の現状は、ダブルサイズ程のベッドが2台置かれていました。外へ排気するダクトのついた暖房器具がどんと置かれていて、メインベッドルームといったところでしょうか。

部屋の形を見てみると、もともと書院造りのような気もしますし、床の間をリフォームして棚にしたかのようにも思えます。築150年以上の古民家に唯一の洋室は、意外ではあるものの不思議と馴染んでいます。

3.ベッドの解体作業

さて、物はそれほど多くないので、部屋のほとんどの面積を占めているベッドの解体です!簡単に終わると思いきや、思った以上にベッドのスプリングがとてつもなく重たい・・・。鉄のカタマリを持つような重量、無理をすると腰が破壊されかねないので男3人で運び出します!

あわよくばフレームが再利用できるかも?そんななるべくコストを押さえて再利用のコトを考えながら地道に解体です。。。

4.細かな片付けと掃除へ

物も少ないのであっという間に空の部屋へ!フローリングも場所によってはかなり痛んでいる様子。床の張り替えも検討しながら、客間としての部屋全体の構想を練っていきます!

masaki umino

masaki umino

投稿者の記事一覧

茨城県水戸市出身。茨城県立水戸第一高等学校、東洋大学卒業。
その後、専門店、メーカーでBtoC、BtoBの営業経験を経て、株式会社SATORUへ。

関連記事

  1. 古民家の洗面所をリフォーム!〜①古い洗面化粧台の解体〜
  2. 1度は行くべき!福島県昭和村のオススメ紅葉スポット5選
  3. トイレを和式から洋式へリフォーム!②〜トイレの壁紙の張り替えをD…
  4. 天然の栗は保存方法が重要?庭先で栗拾いができる贅沢を
  5. 見落としたくない昭和村の魅力!ギャラリー&カフェ『里やまカフェ …
  6. 意外な発見あり!古民家のトイレの現状を初公開
  7. 古民家掃除 ついに!古民家(母屋)改装を開始!まずは玄関を綺麗にお掃除!
  8. 元大工さんに教わる技術!丸ノコを応用して床を修復、クッションフロ…

PICKUP

LIFESTYLE

PAGE TOP