EVENT

『赤べこ』発祥の地、福島県柳津町に力自慢が集結!2018年10月6日(土)は第7回会津やないづ赤べこまつり!

力強い丸太引き選手権大会は必見!第7回会津やないづ赤べこまつりに行こう!

アイキャッチ画像引用:JAPAN ATTRACTIONS
災難をよけたり、願いを叶えたりと縁起物のお守りとして有名な会津地方の赤べこ。その発祥の地である柳津町では、2018年10月6日(土)に「第7回会津やないづ赤べこまつり」が開催されます!

1.赤べこってなに?


画像引用:縁起物百科事典
会津をはじめ、東北地方では「牛」のことを「ベコ」とよびます。「赤べこ」は、会津地方に400年以上の間親しまれ続けている縁起物。首をゆらゆら揺らす姿が愛らしい会津地方の民芸品です。

最近では、マツコ・デラックスさんが買って良かった物“ベストバイ”の1位にこの「赤べこ」を挙げたことでも有名になりましたね!会津若松市には赤べこの滑り台などもある「赤べこ公園」という公園もあり、じわじわと人気になってきているようですね。学生の修学旅行では、赤べこの絵付け体験をするところもあったり、家に置いてあるという人も多いのでは?

この赤べこが厄除けとしてのお守りや縁起物として有名になった由来は諸説あるようです。


画像引用:ふくしまの旅
赤べこ発祥の地の福島県柳津町では、1611年に会津地方を襲った大地震で大きな被害に遭い、柳津にあった虚空蔵堂も倒壊しました。およそ6年後に再建される際、大材運搬に苦労していた黒い毛の牛を、どこからともなく現れた赤い牛が助け見事完成に導いたという説があります。

他にも、会津地方で伝染病が流行した時、赤べこの玩具を持っていた人は病気にかからなかったなど、様々な赤べこに纏わる伝説があります。これらの説が、災難をよけたり、願いを叶えたりと縁起物のお守りとして有名になった由来なんですね。

この赤べこ発祥の地会津柳津では、赤べこ伝説を再現したお祭りが開催されます!

2.赤べこ発祥の地『会津やないづ赤べこまつり』は見所たくさん!


画像引用:やないづ観光Navi
2018年10月6日(土)は、「第7回会津やないづ赤べこまつり」が開催されます!毎年激戦を繰り広げ会場を盛り上げるのが「全国赤べこ丸太引き選手権大会」です。5人1組になった力自慢が、虚空蔵堂を再建する時に活躍した赤べこのごとく、巨大な丸太を引き合う姿は迫力満点!会津地方のパワーを感じることもできますね。
●全国赤べこ丸太引き選手権大会
 【ジュニアの部】11時〜  【一般の部】13時〜


画像引用:極上の会津
柳津のご当地バーガー「柳津ソースカツバーガー」をはじめとした柳津グルメの出店、特産品桐を使った工芸品や小物の販売、製作体験などもあるようです。

ステージイベントでは、ダンスや歌などで会場を盛り上げ、17時からは「赤べこ酔いどれナイト」で音楽とお酒を楽しむこともできます。地酒チケットの購入で、全国の品評会で金賞を受賞した日本酒を楽しむこともできるようです。
●赤べこ酔いどれナイト
 17時〜19時30分

丸太引き大会の力強い姿やグルメの出店で、参加するするだけで力をもらえそうな会津やないづ赤べこまつり。涼しく秋の空気が気持ち良い中、奥会津の景色を楽しみながら参加してみるのも良いですね!

3.アクセス&イベント情報

●イベント名:第7回会津やないづ赤べこまつり
開催日:2018年10月6日(土) 10時〜19時30分
開催地:ほっとinまちなか周辺
住所:福島県河沼郡柳津町大字柳津字諏訪町
TEL:0241-42-2114(柳津町役場地域振興課観光商工班)
アクセス(公共交通):JR只見線会津柳津駅  徒歩10分
アクセス(車):磐越自動車道会津坂下ICより 10km
駐車場:あり/200台/道の駅会津柳津を利用
参考:Walkerプラス

4.SHARE BASE 昭和村 ご予約はこちらから

福島県昭和村 宿泊
SHARE BASE 昭和村は、福島県奥会津の昭和村野尻地区にあります。歴史ある築150年を越える古民家を、「皆で共有できる秘密基地へ」をコンセプトにした素泊まりの古民家再生ゲストハウスです。

SHARE BASE 昭和村の古民家や庭、蔵など、手つかずの部分がまだまだ残されています。歴史を紡ぐ古民家を、皆の手で工夫しながら残していくという考えのもと、進化し続けることがSHARE BASEプロジェクトの特徴です。是非、昭和村へお越し下さい。
▶SHARE BASE 昭和村 宿泊システムについて

SHARE BASE 昭和村では求人募集を開始しました!
住み込み、短期、移住体験として、リゾートバイト感覚で・・・。働き方に関してはお気軽にお問い合わせください!
▶SHARE BASE 昭和村 求人募集ページ、問い合わせはこちらから

masaki umino

masaki umino

投稿者の記事一覧

茨城県水戸市出身。茨城県立水戸第一高等学校、東洋大学卒業。
その後、専門店、メーカーでBtoC、BtoBの営業経験を経て、株式会社SATORUへ。

関連記事

  1. 端材を使ってテーブルをDIY!飽きのこないデザインは色使いがポイ…
  2. あのスノーピークから公式アプリが登場!機能とその使い勝手はどう?…
  3. 本州初上陸!『Dom’Up(ドムアップ)沼沢湖』で新…
  4. 20代後半〜30代が集まる大同窓会!【ふくしま0次会】が2018…
  5. SHARE BASE 昭和村でイベント開催!2018年10月13…
  6. 新潟で海鮮を楽しむなら!「寺泊 魚の市場通り(魚のアメ横)」で海…
  7. 便利なオリジナル木製カードスタンドをDIY! 1×4の端材を使っ…
  8. 初めての収穫!SATORU農園に特大キュウリが実りました!

PICKUP

  1. 昭和村道の駅からむし織の里

LIFESTYLE

PAGE TOP