EVENT

防寒対策が楽しむ決め手!寒さがさらにおいしくさせる「第46回只見ふるさとの雪まつり」へ!

大迫力の大雪像!第46回只見ふるさとの雪まつりに行って来ました!

奥会津の雪まつりの中でも規模の大きい只見の雪まつり!昨年は悪天候だったようですが、心配される天気の中、2日目の只見ふるさとの雪まつりに行って来ました!

1.心配された天候の2日目

楽しみにしていた只見の雪まつり!昭和村から4人で出発するも、昭和村は前日からしんしんと雪が降り続いています。出発から約1時間で、会場付近まで到着です。只見ふるさとの雪まつり到着は午後になり、会場から1番近い駐車場はすでに満車。会場から500m程の所に、特設の駐車場があるので、そこから送迎バスに乗り会場近く迄向かいます。バスに乗れば2,3分程で到着するので、会場近くの駐車場が空いていなくてもほとんどストレス無く会場まで辿り着きました!
只見ふるさとの雪まつり
会場の近くには大きな除雪車も立ち並んでいます!何度見てもかっこいいですね、働く車!

会場に入るまでは強い風と雪、厳しい天候になるのか・・・と心配しながら会場入りです。

2.お出迎えは3種類のきき酒から

只見ふるさとの雪まつり
只見ふるさとの雪まつりのきき酒只見ふるさとの雪まつりの焼酎
会場正門のトンネルをくぐると、早速迎えてくれたのは3種類のきき酒です。すきっ腹にはなかなか効きますが、まずは体を温めるのに運転手以外は頂いちゃいます!さらに先に進むと温かいこんにゃくも頂けました。これら入り口付近のものは無料配布!配ってくれるみなさんも明るく、お祭りに期待度が高まります。

温まった所で本会場に進んで行きます!

3.今年の大雪像は鶴ヶ城!

只見ふるさとの雪まつり戊辰150周年戊辰150周年今年の大雪像は、戊辰150周年(会津戦争終結から150年)を記念しての「鶴ヶ城」です。雪まつりは初めての参加ですが、想像以上の大きさに驚きます。到着するとすぐにお笑い芸人によるステージで、大雪像前は人だかりができています。会場内には特大のかまくらが点在して、風が当たらない分いくらか外にいるよりも暖かく感じますよ。
只見ふるさとの雪まつり只見ふるさとの雪まつり只見ふるさとの雪まつり只見ふるさとの雪まつり会場内には所狭しと露店が立ち並んでいます。アルコールの販売もあり、温かい食べ物や飲み物を頂きながらまつりを楽しむというのも醍醐味。喫煙所や休憩所も点在し、炭が焼かれているので、寒くなってきたらそこで休憩しながらイベントを楽しめますよ!

ステージイベントというよりは、実はおいしい食べ物を求めて行ったこともありますが期待通り!

4.おいしいご飯が満載!

只見ふるさとの雪まつりのこんにゃく只見ふるさとの雪まつりのこんにゃく入り口に入ってすぐ配布していた玉こんにゃくはあっさりとした味つけにからしが効いて、お腹ならしにピッタリ!
只見ふるさとの雪まつりの小籠包只見ふるさとの雪まつりの辛いうどん只見ふるさとの雪まつりの味噌こんにゃく小籠包や辛〜いうどん!(希望次第で驚く程辛くなります・・・)味噌こんにゃく、他にも焼き鳥や厚切りベーコンやそば、やたらと食べて来ました。寒い中で食べるものはいつも以上に美味しく感じます!この只見の雪まつりに来たら、はっきり言って食べなきゃ損ですね。

5.万全の防寒対策で行こう!奥会津の雪まつり!

只見ふるさとの雪まつり結果的には途中から綺麗に青空も見えて、雪も止み過ごしやすい雪まつりとなりました。防寒対策が不十分だったため最後の花火までは見れませんでしたが、十分に楽しめたのではないでしょうか?会場ではスキーウェアを着た人もいるほど、慣れた人は防寒対策もバッチリでした!子供達はソリや小さなスキーを履いてすべり台や会場内を駆け回ったりと元気に遊ぶ姿が見られました。お子様連れでも十分に楽しめるような会場作りやイベント内容に感心しながら、この日は日が暮れる前には会場を後にしました。

会場では思った以上に手が冷えます。食べ物で体は温まりますが、手袋は必須だと思います!2月25日には我らが昭和村!からむし織の里雪まつりが待っています!冬でも雪でも楽しめる奥会津、防寒対策をバッチリして、是非1度は訪れてみてください。

masaki umino

masaki umino

投稿者の記事一覧

茨城県水戸市出身。茨城県立水戸第一高等学校、東洋大学卒業。
その後、専門店、メーカーでBtoC、BtoBの営業経験を経て、株式会社SATORUへ。

関連記事

  1. 便利なオリジナル木製カードスタンドをDIY! 1×4の端材を使っ…
  2. 田舎の夏を満喫!シェアベース昭和村、仲間と真夏のBBQ開催!
  3. カスミソウを暮らしのアクセントに!誰でも簡単なドライフラワーに挑…
  4. 熱気球が空を彩る!会津塩川バルーンフェスティバル2018が楽しそ…
  5. 福島県のゲレンデのリフト券がタダになる!?若者限定「雪マジ!ふく…
  6. 塔のへつりで秋の渓谷美を散策!吊り橋を渡ってダイナミックな断崖を…
  7. 絶対に行くべき穴場の夏祭り!第41回 沼沢湖水まつりをレポート
  8. 福島県のスキー場まとめ! #4〜白河エリア〜2017-2018年…

PICKUP

LIFESTYLE

PAGE TOP