EVENT

只見川・冬のイベントバスでおトク&快適なシャトルバスの旅!【奥会津の雪まつり特集】

奥会津の雪まつりはシャトルバスでお得な旅に!只見川・冬のイベントバスなら便利で安心、快適!

日本の四季を楽しむのに最適な奥会津、冬には雪が多く降る事でも有名で、各地で雪まつりが開催されます!せっかく行くなら、只見川・冬のイベントバスで安心快適、お得に奥会津の冬を楽しみましょう!

1.魅力が満載の奥会津の雪まつり


画像引用:ふくつぶ
日本の原風景が残る秘境とされる奥会津。春から夏には日本の田舎を象徴するような風景で心が和み、秋には見渡す限りの圧巻の紅葉で四季を通して楽しむことができます。そして冬には豪雪を利用した雪まつりが奥会津の各地で開催され、ご当地のグルメや大雪像、伝統工芸に触れる触れる「奥会津ならでは」のイベントが楽しめます!

雪と聞くと心配されるのが交通ですね。特に都心に住んでいる方は冬タイヤの装備がなかったり、雪道の運転に慣れていない方も多いかと思います。そんな方に安心で快適なシャトルバス【只見川・冬のイベントバス】での旅のオススメです!

2.只見川・冬のイベントバスとは?


画像引用:奥会津 歳時記の郷
只見川ライン号は、奥会津の5カ所で開催される雪まつり会場まで運行されるシャトルバスです。さらに、慣れない雪深い道を安全で快適に送迎してくれるだけでなく、会場内で使える500円分の食事券付き!

●只見川・冬のイベントバス ・各会場までの料金:大人(中学生以上)700円〜1700円、小人(3歳〜小学生)350円〜850円
※会場により料金が異なります。
・現地会場で使える500円分の食事券付き
・集合発着場所:①会津若松駅②会津坂下町③柳津町
・各発着時刻は会場により異なります。

只見川・冬のイベントバスの詳細はこちらから!
各地からのアクセスについてもご覧頂けます。

シャトルバスの旅の良い所は、乗っていれば自然と着くところですね。自信の無い深い雪道の運転もせず、往復料金で食事券付きなら、かなりお得な内容ではないでしょうか?!さて、何カ所でどのような雪まつりに連れて行ってくれるのでしょうか?

3.第38回会津柳津冬まつり


画像引用:じゃらんnet

画像引用:まいにちお疲れ05
盛大な歳の神の点火に、棚田に広がる灯火も幻想的な会津柳津冬まつり。
●会津柳津冬まつり
日時:平成30年2月3日(土)・4日(日)
会場:道の駅会津やないづ・ふれあい館
会津柳津冬まつりの詳しいスケジュールはこちらから

4.三島町 第46回雪と火のまつり


画像引用:三島町観光協会

画像引用:三島町観光協会
恒例のサイの神の点火と、福々みかんまきも行われる力強い冬まつり。
●第46回雪と火のまつり
日時:平成30年2月10日(土・祝)
会場:三島町町民運動場
第46回雪と火のまつりの詳しいスケジュールはこちらから

5.第46回只見ふるさとの雪まつり


画像引用:福島県南会津郡只見町オフィシャルWEBサイト

画像引用:福島県観るなび
毎年異なる大雪像と打ち上げ花火、厄年の男性による厄払いの儀など見所満載の雪まつり。
●第46回只見ふるさとの雪まつり
日時:2018年2月10日(土)~2018年2月11日(日)※9日は前夜祭
会場:只見駅前広場
第46回只見ふるさとの雪まつりの詳細はこちらから!

6.第40回会津かねやま雪まつり


画像引用:かねやま教育情報データベース

画像引用:来るサーチ南東北
雪で作られた特設ステージでのショーや雪上ゲーム大会、郷土料理も会場で味わえるお祭り。
●第40回会津かねやま雪まつり
日時:2018年2月18日(日)
会場:金山町民体育館グランド
第40回会津かねやま雪まつりの詳細はこちらから!

7.第35回からむし織の里 雪まつり


画像引用:今日の奥会津

画像引用:全国観るなび
この時期にしか見る事の出来ない伝統織物「からむし織」の雪ざらしが見る事ができます。その他スノーモービル体験等プログラムも盛りだくさん、そして今年は昭和村発の新しい日本酒のお披露目も!
●第35回からむし織の里 雪まつり
日時:2018年2月25日(日)
会場:道の駅 からむし織の里
第35回からむし織の里 雪まつりの詳細はこちらから!

8.慣れない雪道も安心のシャトルバスの旅


せっかく行ってみたいイベントがあっても、交通手段に不安があって行けないのは残念ですよね。便利で安心な只見川・冬のイベントバスでお得で快適なシャトルバスの旅に出かけてみるのはいかがでしょうか?座席は定員制なのでお早めに!
只見川・冬のイベントバスの詳細はこちらから!

masaki umino

masaki umino

投稿者の記事一覧

茨城県水戸市出身。茨城県立水戸第一高等学校、東洋大学卒業。
その後、専門店、メーカーでBtoC、BtoBの営業経験を経て、株式会社SATORUへ。

関連記事

  1. 今年は畑で何を育てる?SHARE BASEでこんな野菜植えてみま…
  2. 端材で簡単!コスト0円!ミニテーブルをDIY!
  3. GO OUT CAMP猪苗代 vol.5 2018年6月2日・3…
  4. レシピが豊富なじゃがいもの収穫!簡単で楽しい収穫体験
  5. 秋の収穫祭!SHARE BASEで育てた大根と白菜の収穫!
  6. 夏に撒いた大根の収穫!土から引き抜くその手応えは・・・
  7. どうして塗り壁が人気なのか?漆喰など塗り壁の種類や特徴に注目して…
  8. 畑の黒いビニールの正体!初めての畑のマルチ張りとキャベツの苗植え…

PICKUP

LIFESTYLE

PAGE TOP