HOBBY

あのスノーピークから公式アプリが登場!機能とその使い勝手はどう?

ついに登場!スノーピークの公式アプリを早速使ってみた!

アウトドア総合メーカー「snow peak」(スノーピーク)の公式アプリが2018年3月1日にリリースされました!実際にダウンロードしてみて、アプリでの機能と使い勝手についてご紹介したいと思います。

1.あのスノーピークから公式アプリが登場!

アウトドア総合メーカー「snow peak」(スノーピーク)のアプリが、スマートフォンビジネスを手掛けるフラー株式会社との共同開発によって、洗練されたスマホアプリとなって登場!ユーザーサポートでは群を抜いて評価の高いスノーピーク、アプリ面ではどんな風にユーザーの心を掴んでいくのでしょうか?

早速アプリをインストールしてみました!

2.早速アプリをインストール!

スノーピーク公式アプリ
スノーピーク公式アプリは、 iOS向けアプリ( App Store ) Android向けアプリの両方で利用可能。インストールしたアプリを開くと、スノーピークのブランドイメージに沿った背景とロゴがカッコ良く出て来ます。わくわくしますね。

3.ホーム画面で新着情報をcheck!

スノーピーク公式アプリ
まず始めに出て来るホーム画面では、スノーピークオフィシャルサイトでの新着情報がcheckできます。イベント情報やサポート情報、店舗情報などがアプリを開いてすぐにcheckできるようになっています。

画面下部には、【ホーム】【プロダクト】【チェックイン】【マイページ】と並んでいます。気になるプロダクトページはどうなっているのでしょうか?

4.プロダクトページで幅広いアイテムをcheck!

スノーピーク公式アプリを使ってみた
プロダクトページでは、キャンプ、アウトドアアイテムを始め、アパレル、ポイントギフトなどが閲覧できるようになっています。上の写真の通り、アイテムごとの階層に分かれていて、WEBページで見るよりも早い操作で目的のアイテムが見つかりそうですね。ここでは商品の価格と概要までですが、さらに商品の細かいスペックなどを確認するには、オンラインストアへ移行して確認することができます。
スノーピーク公式アプリを使ってみた
アパレルアイテムに関しては、モデル写真でのジャンル分けが見やすいですね。カラーや着用イメージなどの写真もアプリだったらサクサク見れるので操作性が高いです。

5.チェックイン機能でポイントが溜まる


●チェックイン機能(位置情報の許可が必要)
①近隣のスノーピーク取扱いストアの検索
②絞り込み機能でストアの取り扱いアイテム、店舗形態を事前に確認できる
③ストアに立ち寄ると自動的にポイントが加算される(ログインが必要)
④立ち寄ったストアの履歴確認(ログインが必要)

とくに②の絞り込み機能では、取り扱いアイテムで絞り込みできるのが便利。せっかく行ったお店で、欲しかったアイテムジャンルの取り扱いがなかった、なんてことがあるとがっかりですからね。店舗形態まで絞り込めるのもユーザーに優しい機能だと思います。店舗が決まれば、地図の表示までもスムーズにしてくれます。

③、④で必要なログインについてはこの後でご説明しています。

6.マイページ機能でスマートなカードレス

画像引用:snow peakアプリ公式サイト
マイページ機能を使うにはログインが必要になります。手持ちのスノーピークポイントカードを登録すると、レジでのカード代わりのバーコード表示、ポイントの確認などの便利な機能が使えるようになります。持っていない人は、マイページ欄にある「会員申し込みはこちら」から申し込むことができます。

ここでマイページにログインしていると、お店に立ち寄った時の自動ポイント加算、立ち寄ったお店の履歴を確認することができます。※ポイントの付与は、1店舗につき一日1回です。

7.機能はまだまだ増加予定?


ユーザーを大切にするスノーピークのアプリは、アプリの機能面からもユーザー思いな使いやすさを感じられました。今後は製品の修理の予約ができるようになったりと、機能も増加していく予定だそう。

リアル店舗との連携も良く、ユーザーが店舗に足を運びたくなるような仕組みは、その洗練されたプロダクトを、実際に手に取って感じて欲しいという思いも伝わってくるようでした。

masaki umino

masaki umino

投稿者の記事一覧

茨城県水戸市出身。茨城県立水戸第一高等学校、東洋大学卒業。
その後、専門店、メーカーでBtoB、BtoCの営業経験を経て、株式会社SATORUへ。

関連記事

  1. レシピが豊富なじゃがいもの収穫!簡単で楽しい収穫体験
  2. 奥ロック2017開催!注目のアーティスト情報まとめ
  3. カスミソウを暮らしのアクセントに!誰でも簡単なドライフラワーに挑…
  4. オリジナルバングル制作で”Rew10Works…
  5. 週末絶景田舎道ドライブ in 新潟 (会津只見〜新潟県燕市〜新潟…
  6. アウトドアに大活躍!1台で何役にもなるライト『Sparkr(スパ…
  7. マーベルファン必見!キャンプテンスタッグのアメコミデザインアウト…
  8. 尾瀬ハイキングで秋の訪れを堪能!初心者でも楽しめるオススメ日帰り…

PICKUP

LIFESTYLE

PAGE TOP