LIFE STYLE

豪雪地帯の冬を越す!除雪道具の使い方と特徴は?

雪国で必須!除雪道具を使いこなして効率的な除雪を

雪かきと言っても作業の種類はさまざま。雪質や目的によって使い分けが必要な除雪道具に注目してみました。

雪との戦いの冬

2017年5月に福島県昭和村に移住して初めての冬!都会では味わえない過ごしやすい最高の夏秋と引き換えに、これから雪との戦いの冬です。豪雪地帯では切っても切りはなせない除雪作業、上手に付き合っていくための除雪道具の種類について学んでいこうと思います。

①雪はね

適した雪質:新雪、軽くて柔らかい雪
画像引用:イサイ オンラインストアー

豪雪とまではいかずとも、冬に雪の降る地域では見かけることも多い雪はね。呼び方は「ジョンバ」、「雪ベラ」など様々な呼び方があるようです。ブレードはプラスチックでできている製品のため、重く固い雪に対しては耐久性に乏しいアイテムです。比較的軽くてやわらかい雪に対して効果を発揮し、雪をすくい投げたり運んだりしするのに使います。

②プッシャー(ラッセル)

適した雪質:新雪、ザラメ状の雪

画像引用:がくぶんモール

雪を持ち上げるようにして運ぶ他の道具と違い、ブルドーザーのように雪を押し出して除雪するのがスノープッシャーです。雪を移動させるのに効果を発揮しますが、固く重たい雪に対しては負担が大きそうです。腕だけで押し出すのではなく、腰を入れて体全体で押す様に使うのがコツ。

③スノースコップ

適した雪質:新雪、ザラメ状の雪

画像引用:イーキャンプクラブ

スコップのブレード部分をアルミやプラスチックなどで軽量化したもの。通常のスコップよりもブレード部分が大きいのも特徴です。プラスチック製のブレードのものは、スコップより耐久性が劣るので、固い雪に無理に使うと壊れる可能性があるようです。雪を上手に切り崩して、腕だけでなく足腰を使って雪を運んだり投げたりして使うと良いそうです。

④スコップ

適した雪質:固く締まった雪

スコップには、角スコップと剣先スコップの2種類があります。

角スコップ

画像引用:楽天市場
比較的固い雪に対して効率良く雪かきできるスコップ。雪をサイコロ状に切り出してからすくい投げるように使うのがコツだそうです。雪をすくう時には、背筋を伸ばして蹲踞の姿勢(力士が四股を踏む形)を取り、体全体を使ってすくい勢いをつけて投げ出します。

剣先スコップ

画像引用:コーナンeショップ
角スコップでも切り出しが難しい固い雪に対して効果を発揮します。固く締まった雪の壁を切り崩したりするのにも有効です。

スコップでの除雪は、切り出した雪が大きすぎると体を痛める恐れがあるので、自分が持てるサイズで切り出すのがポイントだそうです。

⑤スノーダンプ(ママさんダンプ)

適した雪質:広範囲の雪、重たい雪

画像引用:Amazon

人力の除雪道具の中では、最も広範囲の雪を運ぶことのできるスノーダンプ(ママでも運べるということからママさんダンプとも呼ばれるそうです。)雪をすくい、そのまま押して雪を運ぶ道具。固く積もった雪には、スコップなどで切り崩してから運び出します。雪国では欠かせない除雪道具の1つです。

材質は金属製のものとプラスチック製のものがあります。特に雪の多い地域では、耐久性の高い金属製のものを使うのがオススメだそうです。こちらも腕だけの力ではなく、腰から押し出す様に使うのがポイント。コツをつかめば大量の雪を排雪できます。底面にはロウやワックスなどを塗ると、滑りがよくなった運びやすいそうですよ。

⑥除雪機

適した雪質:新雪〜固まった雪

画像引用:YAMAHA

広範囲で楽に除雪ができる、エンジン駆動の除雪機。ヤマハ、ホンダ、ヤンマーなどが代表的なメーカーです。購入やメンテナンスと、コストこそかかりますが、人力ではなく機械の力で除雪するので、体にかかる負担と時間が圧倒的に有利になります。除雪機の仕様によって、どの程度の雪まで対応できるかが変わります。燃料にはガソリンと軽油のタイプのものがあるそうです。

高く積もった雪にも対応できる便利な除雪機ですが、その分大事故にもつながる事もあるので、使い方には要注意ですね。

除雪は体力とコツ!

除雪は危険の伴う作業、一人で作業をすると、屋根から落ちた雪などで思わぬ事故につながる恐れもあります。苦労がある反面、除雪作業は運動の1つとしても注目されています。コツを知らない学生と、コツを知っている60代男性では、後者の方が効率良く短時間で作業できるという結果も出ているそうです。

除雪は、豪雪地帯で暮らす人にとっては生活に欠かせないもの。だからこそ、周囲と協力し合うことが大切だそうです。僕らの住む昭和村の結束力が強いのも、同じ生活の悩みを共有し協力しあうことから始まっているのかもしれません。

masaki umino

masaki umino

投稿者の記事一覧

茨城県水戸市出身。茨城県立水戸第一高等学校、東洋大学卒業。
その後、専門店、メーカーでBtoB、BtoCの営業経験を経て、株式会社SATORUへ。

関連記事

  1. 本州初上陸!『Dom’Up(ドムアップ)沼沢湖』で新…
  2. 尾瀬ハイキングで秋の訪れを堪能!初心者でも楽しめるオススメ日帰り…
  3. オシャレで涼しい春夏ハットは、からむし織でオーダーメイド!
  4. SATORU農園で初めての畝作りと、いよいよ苗植えを実施!
  5. マーベルファン必見!キャンプテンスタッグのアメコミデザインアウト…
  6. 初心者向けDIYにオススメ!BLACK+DECKER(ブラックア…
  7. 本屋でラーメン?新しいスタイルの本屋食堂 阿部書店が金山町玉梨に…
  8. 支柱立てをSATORU農園で!畑の支柱立てを村の方に教わる

PICKUP

LIFESTYLE

PAGE TOP