EVENT

『奥ロック2018』昭和村で開催決定!猪苗代野外音楽堂『音開き2018』にてPR出展!

『奥会津ロックフェスティバル2018』開催に向けて本格始動!猪苗代『音開き2018』にてPR出展決定!

今年で開催7回目となる奥会津ロックフェスティバル!今年は8月25日(土)、我らが昭和村「奥会津昭和の森キャンプ場」での開催が決定!開催に先駆けいよいよイベントPRが行われていきます。

1.奥ロック2018!福島県昭和村にて開催決定!

大自然×旅×音楽をテーマに、福島県奥会津地方の夏をアツくするロックフェス『奥会津ロックフェスティバル』!今年の開催地は福島県昭和村「奥会津昭和の森キャンプ場」に決定しました!現時点では出演アーティスト、タイムテーブルは未定ですが、今年も神秘的な原風景の広がる中での野外フェスに目が離せません。 昨年のアーティスト情報などはこちらでご紹介しています。
▶奥ロック2017開催!注目のアーティスト情報まとめ

そんな奥会津ロックフェスティバル2018、開催に先駆け、5月19日(土)20日(日)に猪苗代野外音楽堂で行われる「音開き2018」にPRを兼ねてブース出展されるとのこと。

2.猪苗代野外音楽堂「音開き2018」とは?

猪苗代野外音楽堂は、「誰もが使えて、集える野外音楽堂を福島に作る」という目的で2015年5月に完成を迎えたソーラー光発電により100%自然エネルギーにて稼動できる次世代のライブステージ。冬を越えて雪の降らない時期に常設される野外音楽堂の音開きイベントが開かれます。
画像引用:猪苗代野外音楽堂公式WEBサイト
奥会津ロックフェスティバル2018実行委員会PR隊は、8月の奥ロック開催に向けてのPR第一弾として、この「音開き2018」にブース出展し、告知とグッズ販売をします。

3.出展とグッズ販売について

「音開き2018」での「奥ロック」ブース出展では、主に2つのグッズ販売が予定されています。(※写真はイメージです。実際の色が異なって見える場合があります。)
①バックナンバー奥ロックTシャツ(¥1,000) 画像引用:奥会津ロックフェスティバル公式WEBサイト
②オリジナルシリコンバンド(¥500) 画像引用:奥会津ロックフェスティバル公式WEBサイト
奥会津ロックフェスティバルは基本的には入場料無料のフェス。1人につき500円のカンパをお願いしていますが、このラバーバンドを購入することで、カンパの協力が事前にでき、当日の入場もスムーズになるというもの。「音開き2018」でのブース出展にて販売しているので、この機会に事前にゲットしておきましょう!

4.『奥会津ロックフェスティバル2018』・『音開き2018』イベント詳細

●『奥会津ロックフェスティバル2018』
●開催日時:2018年8月25日(土)
●開催地:福島県大沼郡昭和村大字大芦字小矢ノ原「奥会津昭和の森キャンプ場」
http://www.okuaizu.net/okurock/

●『音開き2018』
●開催日時:2018年5月19日(土)、20日(日)
●開催地:〒969-2271
福島県耶麻郡猪苗代町大字中小松字四百刈乙1959−2 天神浜オートキャンプ場内
http://www.inawashiro-yagaiongakudo.com/blank-11

長い冬を越えて、今年も様々なイベントが目白押し!今後発表される奥ロック2018の最新情報も要check!「音開き2018」に参加される方は、奥ロックのブースに立ち寄ってみましょう!

masaki umino

masaki umino

投稿者の記事一覧

茨城県水戸市出身。茨城県立水戸第一高等学校、東洋大学卒業。
その後、専門店、メーカーでBtoB、BtoCの営業経験を経て、株式会社SATORUへ。

関連記事

  1. 千葉県館山市〜英気を養う合宿〜
  2. 豪雪地帯の冬を越す!オススメの除雪道具の使い方とその特徴は?
  3. ナイターが魅力的!猪苗代スキー場のロングタイムナイターがお得で楽…
  4. 養老渓谷の紅葉はいつが見頃?ハイキングも楽しめるオススメの紅葉ス…
  5. 昭和村へ移住して3ヶ月!これまでのまとめを動画でご紹介!そしてこ…
  6. 秋野菜の種まきを開始!畑を拡大して冬の食料の確保へ
  7. 耕作放棄地再生の問題。畑の雑草をメンバーで一斉処理!
  8. 寒さも嬉しくなる?雪を楽しむ4つのオススメレジャーをご紹介!冬の…

PICKUP

LIFESTYLE

PAGE TOP