ACTIVE

上質なパウダーを占領!フェアリーランドかねやまスキー場で快適ウィンタースポーツ!

壮快感満点のフェアリーランドかねやまスキー場!ウィンタースポーツならではの白銀世界を楽しむならここ!

休日でも混み過ぎず、スノーボードも前面滑走可能!今回の休日は、SHARE BASEから約20分、金山町にある「フェアリーランドかねやまスキー場」に橋本と行って来ました!

1.晴天のゲレンデが気持ちいい!

晴天のスキー場 晴天のスキー場ほど気もち良いものはありません!この日は午前中から晴れていましたが、午後イチでスキー場に入りました。太陽に反射するゲレンデが眩しい!当日はJr.の大会があったので駐車場がほぼ埋まっている状態。駐車場からスキー場入り口までは一番遠い所でも100m程で、車から降りてすぐにスキー場内にアクセスできます。これだけ駐車場から近いゲレンデは初めてかもしれません。

2.リフト券の購入場所

フェアリーランドかねやまスキー場 フェアリーランドかねやまスキー場 リフト券は駐車場から近い方の建物で販売しています。さくっと滑って帰る予定だったので回数券でもいいかなと思っていましたが、コンディションの良さに午後からの半日券を購入。基本的な料金は写真をご覧ください!(※2018年2月4日時点の料金です。)

早速滑ろうという前に、昼食がまだだったのでレストランのあるロッジに向かいます。

3.休日でも快適!ロッジのレストラン

フェアリーランドかねやまスキー場フェアリーランドかねやまスキー場フェアリーランドかねやまスキー場休日でも余裕で座れるレストランロッジは、子供連れでもストレスなくゆったりと席に座れるかと思います。家族で来ている人が多く、静かに過ごせました!昼食には唐揚げとフェアリーラーメンをチョイスです。カツの乗ったフェアリーラーメンはボリューム満点です。

たっぷり腹ごしらえをしてリフトへ向かいます。

4.初級者から上級者まで楽しめるコースレイアウト

コース自体は少ないものの、初級者から上級者まで楽しめるコースが揃っています。迂回しながら進むうさぎコースは、なだらからな坂道で初心者でも安心です。スノーボードは全面滑走可能ですが、うさぎコースは少しスピードが出せる人でないと途中で止まってしまう可能性大!そんなに急ではないので、かもしかAコースの方が初心者でも良いスピードで滑れるかも?この日はピーターパンコース、シンデレラコースのリフトが止まっていたので、停めた駐車場のことを考えるとかもしかABコース、うさぎコースを滑る形になりました。
この3コースは広大に広がり、リフトに乗りながら眺められるので、次はどのコースをどんな風に滑ろうか考えながら上って行くのも楽しいですね。

滑っている人が少ないせいか、端の方はまだふかふかのパウダースノー!午前中ならもっと柔らかい雪だったはずなので、もし軽く滑って帰る予定なら午前中で十分楽しめると思います!むしろやっぱり午前中がオススメですね。

5.山頂からの景色が最高!

フェアリーランドかねやまスキー場山頂からは磐梯山、浅草岳、朝日連峰などの眺望が素晴らしく、清々しい気持ちで見下ろせます。スキーヤーがほとんどなので、スノーボーダーは地形やパウダーを求めて滑るのがオススメです。初心者やキッズもいますが、混んではいないので衝突などの危険も少ないと思います。フェアリーランドかねやまスキー場リフトの乗り口からもコースが綺麗に見渡せます。ほぼ混雑とは無縁で、フェアリーランドかねやまスキー場は初心者の人も練習しやすい環境が整っているのでオススメ。中・上級者向けにも独自のコース取りでパウダーが楽しめるので、フリーランで壮快に楽しめること間違い無しです。半日券の購入ですが、リフト1基の往復で約2時間、たっぷりいい汗をかくほど滑って、帰りは玉梨温泉付近の商店でアイスを食べて帰りました。

masaki umino

masaki umino

投稿者の記事一覧

茨城県水戸市出身。茨城県立水戸第一高等学校、東洋大学卒業。
その後、専門店、メーカーでBtoC、BtoBの営業経験を経て、株式会社SATORUへ。

関連記事

  1. 失敗は成功のもと!DIYの失敗シリーズ#1【食器棚リメイク編】
  2. 福島県昭和村で開催!日本一秘境のロックフェスへ行って来た!『奥会…
  3. 初心者向けDIYにオススメ!BLACK+DECKER(ブラックア…
  4. 初心者でも簡単な屋外用のテーブルをDIY!〜設計、組立編〜
  5. 秋野菜の種まきを開始!畑を拡大して冬の食料の確保へ
  6. 発芽後の大根の世話はどうやる?間引き作業が重要な理由
  7. 田舎暮らしに必須!シェアベース昭和村 SATORU農園予定地はこ…
  8. 入門!昭和村の大自然の中でフライフィッシング!

PICKUP

  1. 昭和村道の駅からむし織の里

LIFESTYLE

PAGE TOP