FARM

美しいじゃがいもの花!摘むのが正解?摘まないのが正解?

消費者に知られざる一面。畑を彩るじゃがいもの花!

今年初めてのじゃがいも栽培ですが、綺麗な花を付ける所は消費者に知られざる一面なのではないでしょうか?そのまま観賞していたい程美しいのですが、花を摘むこともあるようです。

1.意外と知らない?じゃがいもにも花が咲く

じゃがいもの花
じゃがいもの種芋を植えてから1ヶ月と少し経った頃、じゃがいものが葉の先に花を付け始めました!当たり前のようで、意外とじゃがいもにも花が咲くことを知らない人もいるのではないでしょうか?

じゃがいもはナスやトマト、キュウリのように、花の後にできる実を収穫するわけではないので、花が咲く事自体が収穫量に直接繋がるわけではありません。中には体力の消耗を減らすために、この花を摘むという方法もあるそうです。

2.じゃがいもの花は摘む?摘まない?

じゃがいもの花
上の理由から、花を摘むということもあるそうですが、株数が多ければ多い程これだけの花を摘んでいくのは結構な手間。さらに、他の野菜と違って次々に花を咲かせて実を付けるわけでもないので、それ程体力の消耗は少ないようです。

花を摘む際のデメリットとしては、摘んだ部分から病原菌が入り込んで病気になってしまうリスクがあるそうです。体力の消耗も少なく、病気になってしまうリスクがある、じゃがいも自体の収穫量もそれほど変わらない。という理由から、摘まない栽培方法がほとんどのようです。

せっかく綺麗に咲いていたので、今回は彩りの少ない畑の観賞用にしばらく目で楽しみました。昭和村の気候ではじゃがいもの収穫は8月頃、まだ少し先ですが順調に育っているようです!収穫が楽しみですね!

3.他の野菜も順調に成長中!

SHARE BASEの野菜収穫体験
SHARE BASEの野菜収穫体験
最近は梅雨もあり移り変わりの激しい天気ですが、他の野菜も順調に育っているようです。耕作放棄地だったこの畑も、やはりこの時期に成るといよいよ雑草が元気に生えて来ます。村の方のご厚意で貸して頂いた耕耘機を活用しながら、遊びに来た方も一緒に楽しめるような畑を作っていきたいと思います。

4.SHARE BASE 昭和村 ご予約はこちらから

福島県昭和村 宿泊
SHARE BASE 昭和村は、福島県奥会津の昭和村野尻地区にあります。歴史ある築150年を越える古民家を、「皆で共有できる秘密基地へ」をコンセプトにした素泊まりの古民家再生ゲストハウスです。

▶SHARE BASE 昭和村 宿泊システムについて

masaki umino

masaki umino

投稿者の記事一覧

茨城県水戸市出身。茨城県立水戸第一高等学校、東洋大学卒業。
その後、専門店、メーカーでBtoC、BtoBの営業経験を経て、株式会社SATORUへ。

関連記事

  1. 奥会津麺’sフェスティバル2017 大盛況のイベントレポート!
  2. 只見川・冬のイベントバスでおトク&快適なシャトルバスの旅!【奥会…
  3. 耕作放棄地再生の問題。畑の雑草をメンバーで一斉処理!
  4. ナイターが魅力的!猪苗代スキー場のロングタイムナイターがお得で楽…
  5. 福島県のスキー場まとめ! #4〜白河エリア〜2017-2018年…
  6. トマトの収穫をSATORU農園で!収穫のタイミングを押さえて、鳥…
  7. SATORUオリジナルTシャツ完成!
  8. 福島県昭和村へ移住。引越後の片付けの日々に追われてます。

PICKUP

LIFESTYLE

PAGE TOP