FARM

畑の黒いビニールの正体!初めての畑のマルチ張りとキャベツの苗植え

キャベツの苗を頂いたので、初めてのマルチ張りに挑戦してみました!

雑草の対策の方法として、土を動かす他に、マルチを張る方法があります。畑でよく見る黒いビニール製のアレなんですが、どうやって張るの?など疑問がありましたが、SATORU農園でも取り入れることにしました!

マルチって何?

よく畑で見られる光景の黒いビニールシート、アレが正式名称「マルチシート」です。日光を当たらないようにして、雑草が生い茂るのを防ぐ効果の他、温度を上昇させて作物の成長を助けるという効果もあります。家庭菜園レベルの小さな畑なら、野菜の面倒を見きれるのですが、広い畑になると雑草対策も容易ではないので、マルチを活用する畑がよく見受けられます。今回は梅雨の時期の雨が振らない一瞬の隙を付いて、マルチ張りとキャベツの苗植えを行います!

マルチの張り方①溝を掘る

マルチシートは、土の中に埋めて固定します。そのため、まず畝(うね)を少し高く作り、畝の周りに溝を掘ります。この堀った時の土を被せるので、堀った土は外側に避けておきましょう。
▶畝を作った時の記事はこちら

マルチの張り方②畝の端からマルチを埋める

畝の先端の方からマルチシートを置いて、専用のマルチ押さえのピンを刺して固定!ここでしっかりと押さえられていないと、広げた時に最初からやり直しになるので、しっかりと止めます。しっかり固定できたら、マルチシートを広げながら、両サイドも固定していきます。畝の長さにもよりますが、ピンと張るなら、2人作業が好ましいですね。

マルチの張り方③土を被せる

マルチを固定し終えたら、そこに土を被せます。溝を掘った時の土を再利用!簡単にマルチを張り終えられました。

キャベツの苗を植える

マルチを張り終えたら、野菜の成長を妨げない程の間隔を取って穴を開け、苗をセット!この日は雨が降る予定だったので、ちょうどいいタイミング!
キャベツは虫がつきやすいとのことで、苗を植える穴の中に虫除けを入れておきます。

マルチシート設置は簡単!

小さな畑ならすぐに終わるマルチ設置作業。雑草が生い茂るのを防ぐ事もできるので、週末農家のサラリーマンや、家から遠い所に畑がある人にはピッタリですね♪畑の黒いビニールの正体はこれ、ちゃんと意味があるんですね!

masaki umino

masaki umino

投稿者の記事一覧

茨城県水戸市出身。茨城県立水戸第一高等学校、東洋大学卒業。
その後、専門店、メーカーでBtoB、BtoCの営業経験を経て、株式会社SATORUへ。

関連記事

  1. 絶対に行くべき穴場の夏祭り!第41回 沼沢湖水まつりをレポート
  2. グルメが立ち寄る会津田島「ラーメンまりちゃん」
  3. レシピが豊富なじゃがいもの収穫!簡単で楽しい収穫体験
  4. JI*MAMA(ジーママ)-会津田島駅近のおしゃれカフェ・グルメ…
  5. ユルケタロック2017 in 福島県昭和村 氣多神社にて開催決定…
  6. 初心者の雪道の走り方は?冬でも安全で快適なドライブを。
  7. DOPPELGANGER OUTDOOR®(ドッペルギャンガーア…
  8. 一足早めに秋先取り。秋をすべて満喫できるおすすめ秋の行楽プランを…

PICKUP

LIFESTYLE

PAGE TOP