EVENT

イルミネーションより寒くない!?「ローソクの灯りでほっこり」できるオススメイベント!

寒い冬でも「ほっ」とする温かさ!ローソクの灯りを楽しむならこのイベントがオススメ!

冬は夜景やイルミネーションを見るのに最適な季節!今年はいつもの電飾イルミネーションではなく、温かくて優しいローソクの灯りでほっこりしてみるのはいかがでしょうか?そんなローソクの灯りが楽しめるスポットやイベントをご紹介したいと思います。

1.群馬県 軽井沢高原教会

軽井沢高原教会
画像引用:星野リゾート
2017年12月1日から24日の毎週金・土・日曜日と12月25日に、無数のキャンドルの灯りが教会の森を照らす「クリスマスキャンドルナイト 2017」が開催されます。幻想的な雰囲気の中、ランタンで足下を照らしながら散策することもできます。教会という神聖な雰囲気の中で見るあたたかな光りは、いつもと違う情景を演出してくれるのでは?

軽井沢高原教会の詳細情報はこちらから!

2.栃木県 湯西川温泉 かまくら祭り

湯西川温泉 かまくら祭り
画像引用:5秒で栗山
日本夜景遺産「歴史文化夜景遺産」の認定イベントとなっている湯西川温泉のかまくら祭。2018年は1月27日〜3月4日までの開催!全5会場からなる、食、遊び、エンターテイメントが揃ったイベントです。驚きのかまくらでBBQプランなどもありますが、やはり河川敷に並ぶミニかまくらのローソクライトアップが圧巻!子ども連れの方も、そり遊びなどができるスペースがあるのでオススメです。

湯西川温泉 かまくら祭の詳細情報はこちらから!

3.福島県 会津絵ろうそくまつり

会津絵ろうそくまつり
画像引用:PHOTOHITO
福島県の会津伝統的工芸品の1つである、「会津絵ろうそく」を広く伝えることから始まった会津絵ろうそくまつり。2018年は2月9日〜10日の開催となります。鶴ヶ城を背景に見るローソクの灯りは、まさに日本の冬景色。この2日間は夜間の登閣が可能となっていて、天守閣に登った人しか体感できないお楽しみも?

会津絵ろうそくまつりの詳細情報はこちらから!

4.秋田県 横手かまくらまつり

横手かまくらまつり
画像引用:横手市観光協会
毎年2月15,16日に行われる秋田県の横手かまくらまつり。画像はミニかまくらに灯りを灯したものですが、秋田で「かまくら」は、水神様をまつる小正月行事で、中に入り、正面にまつられた水神様にお賽銭を上げて家内安全・商売繁盛・五穀豊穣などを祈願するもの。観光協会指導のかまくら作りは、しっかりとした強度と安全性がありそのクォリティにも驚きです。かまくらでの甘酒のおもてなしを体験してみましょう。伝統的な行事としてのローソクの灯りも風情を感じられますね。

横手かまくら祭りの詳細情報はこちらから!

5.福島県 裏磐梯エコナイトファンタジー

裏磐梯エコナイトファンタジー
画像引用:福島県裏磐梯観光協会
凍り付いた湖の湖面に3000本のローソクが灯される裏磐梯エコナイトファンタジー。2018年2月16日〜18日の開催。「火を灯した数だけ幸せになれる」という言い伝えがあります。湖面いっぱいに広がったローソクの道はまさに光りの道!冬にしか辿り着けない凍った湖面の非日常的な雰囲気を楽しめます。

裏磐梯エコナイトファンタジーの詳細情報はこちらから!

「ほっ」とする灯りでいつもと違う冬を


イルミネーションとは違った光りの美しさを感じられるローソクの灯り。電飾とは違ってなんだかほっとする温かさを演出してくれます。たき火を囲んでいる時と同じ様に、ローソクの灯りの前では普段話せないようなことも話せるんじゃないでしょうか?ぜひいつもと違う冬を体感しに出かけてみて下さい。

masaki umino

masaki umino

投稿者の記事一覧

茨城県水戸市出身。茨城県立水戸第一高等学校、東洋大学卒業。
その後、専門店、メーカーでBtoB、BtoCの営業経験を経て、株式会社SATORUへ。

関連記事

  1. 秋野菜の種まきを開始!畑を拡大して冬の食料の確保へ
  2. 支柱立てをSATORU農園で!畑の支柱立てを村の方に教わる
  3. 9月でもまだ間に合う?桃狩りができる福島でオススメの果樹園
  4. シェアベース昭和村 自給自足、収穫体験の畑をトラクターで開拓!
  5. グルメが立ち寄る会津田島「ラーメンまりちゃん」
  6. SATORUオリジナルTシャツ作成中!
  7. 発芽後の大根の世話はどうやる?間引き作業が重要な理由
  8. 大宴会in南会津 2017が楽しそう!9月の連休は、地元民が作る…

PICKUP

  1. カスミソウの産地昭和村

LIFESTYLE

PAGE TOP