EVENT

熱気球が空を彩る!会津塩川バルーンフェスティバル2018が楽しそう!

秋空を舞台に30基近くの熱気球が浮かぶ!幻想的な風景が目撃できるフェスティバル!

紅葉も始まる10月中旬、喜多方の空には色とりどりの熱気球が浮かび上がります。今年も10月13日(土)~10月14日(日)に開催される会津塩川バルーンフェスティバル2018、一見の価値がありそうです。

1.会津塩川バルーンフェスティバルとは?


画像引用:全国観るナビ 福島県
会津塩川バルーンフェスティバルは、約30基もの熱気球が空を彩るイベント。競技フライトに加え、熱気球の体験搭乗、夜間に浮かび上がるナイトグローが行われます。2017年は来場者数も1万3000人と、大きな賑わいを見せているようです。


画像引用:ヤマキ電気ブログ
ナイトグローでは、花火をバックに煌煌と光るバルーンがなんとも幻想的に映るそう。花火と夜景、花火と音楽などいろいろなコラボがありますが、花火と熱気球のコラボはなかなか見る事ができない風景なのではないでしょうか?

幻想的に浮かぶ熱気球、見るだけではなく体験搭乗することもできるんです!

2.滅多にのれない!熱気球の体験搭乗も可能!


画像引用:Balloon company
現在予定では、両日とも先着50名様で熱気球に体験搭乗できるそうです!(熱気球体験搭乗は中学生以上1000円、小学生500円、未就学児無料)入場自体は無料ですが、運が良ければ憧れの熱気球に乗ることもできるかも?


画像引用:田舎者ですが(^◇^)
下から見上げるだけではなく、空中で色とりどりの熱気球を見るという貴重なパノラマビュー。行くからには是非体感してみたいですね!

3.イベント情報

この時期は山々も赤く色づき始める頃。紅葉狩りもプランに入れながら、来場してみてはいかがでしょうか?

画像引用:trip note
●イベント名:会津塩川バルーンフェスティバル2018
開催日:2018年10月13日(土)~10月14日(日)
開催地:日橋川緑地公園自由広場
2017年の来場数:1万3000人
住所:福島県喜多方市塩川町遠田字琵琶阿湖
TEL:0241-27-2111(喜多方市塩川総合支所)
料金:無料(熱気球体験搭乗は中学生以上1000円、小学生500円、未就学児無料)
アクセス(公共交通):JR塩川駅→徒歩20分
アクセス(車):磐越道会津若松ICから国道121号経由10km15分
駐車場:あり/300台/無料
参考:るるぶ&more

4.SHARE BASE 昭和村 ご予約はこちらから

福島県昭和村 宿泊
SHARE BASE 昭和村は、福島県奥会津の昭和村野尻地区にあります。歴史ある築150年を越える古民家を、「皆で共有できる秘密基地へ」をコンセプトにした素泊まりの古民家再生ゲストハウスです。

SHARE BASE 昭和村の古民家や庭、蔵など、手つかずの部分がまだまだ残されています。歴史を紡ぐ古民家を、皆の手で工夫しながら残していくという考えのもと、進化し続けることがSHARE BASEプロジェクトの特徴です。是非、昭和村へお越し下さい。
▶SHARE BASE 昭和村 宿泊システムについて

masaki umino

masaki umino

投稿者の記事一覧

茨城県水戸市出身。茨城県立水戸第一高等学校、東洋大学卒業。
その後、専門店、メーカーでBtoC、BtoBの営業経験を経て、株式会社SATORUへ。

関連記事

  1. 冬を遊び尽くせ!若者に朗報!【雪マジ!】は超おトクにスキー・スノ…
  2. あのスノーピークから公式アプリが登場!機能とその使い勝手はどう?…
  3. 豪雪地帯の冬を越す!オススメの除雪道具の使い方とその特徴は?
  4. 大内宿で江戸時代にタイムスリップ!茅葺き屋根の宿場でオススメのね…
  5. 初心者でも簡単な屋外用のテーブルをDIY!〜ベンチ編〜
  6. 滝の名所は昭和村にも!マイナスイオンを感じる藤八の滝を目指して。…
  7. 奥会津金山町の”天然炭酸泉”で体の芯から…
  8. 便利なオリジナル木製カードスタンドをDIY! 1×4の端材を使っ…

PICKUP

LIFESTYLE

PAGE TOP